So-net無料ブログ作成

2011年11月2日(水)ローマ市内観光 [イタリア旅行]

6:30 朝食。ハム多し。
image001.png
ホテルの食堂前の中庭がカワイイ。
image003.png

今日は午前中は、ローマ半日市内観光。
イタリアはスリが多いってことなので、パスポートをダイソーで買った平たいウエストポーチに入れて、チュニックの下で大事に隠しておこうとセットして、昨日下見した集合場所に向かうべく地下鉄の駅に向かって歩いていると、10分もしないうちに腰回りがなんかゆるくなった気がして確認すると、ダイソーのウエストポーチのベルトの縫い合わせが甘かったらしく、早速ベルトが外れてしまって危うくパスポートを落としそうで、ぶらぶらになっておりました。ワオーさすが100均!!
image005.png

image008.png
7:45 テルミニ駅そばのマルサーラ通りに面したホテル「ROYAL SANTIN
A」 (Via. Marsala 22番地) 前にある観光バス駐車場に集合、市内観光に出発です!


スケジュール
08:00 マルサーラ通りの駐車場(出発)
サンタンジェロ城(車窓)
08:30 サンピエトロ寺院(入場)
べネツィア広場(車窓)
09:45 コロッセオ(入場します)
11:00 ナボーナ広場
徒歩
11:30 パンテオン(入場)
徒歩
12:00 トレビの泉
簡単なガイディング後、解散

バスの名前は「Mocci」可愛いクリーム色のバスです。

image007.png

まず、バスに乗ってローマの街を見つつ、バチカン市国へ向かいます。
1984年に登録された世界遺産(文化遺産)で、イタリアのローマ、テヴェレ川の西にある世界最小の独立国です。
テヴェレ川の橋の向こうに見えたのは、サンタンジェロ城。
image009.png

ここは139年ハドリアヌス帝の霊廟として造られたものを、後に要塞や牢獄、さらに教皇の住居などに使い回してきた建物です。
ドラクエに出てきそうな感じの古くて怖そうなお城です。
橋を渡ると、バチカン市国です。パスポートは要らないそうです。
8:15バス降りるとき、つまづいて道路に手をついてこける私。
ガイドさんの名前は「アンジェラ」、とってもかわいいガイドさんです。
image010.png

サンピエトロ寺院は、バチカン市国南東端にあるカトリック教会の総本山。
まず広場の奥に広がるものすごく大きい円柱がずらり、その上の聖人像が圧巻。

そして中に入ると床から壁から天井まで、どこ見ていいかわからないくらいにたくさんの装飾や彫刻や絵画や像等があって、いきなり観光の最初にこんなすごい建物につれて来てもらえてスゴイ感動。
image011.png
バチカン市国の建物を警備しているのはスイスの兵隊さんだそうで、制服というより、コスプレもしくは舞台衣装で印象的です。
image014.png

この建物のとなりにはバチカン郵便局があり、そこでハガキ(2枚で1ユーロ)を買って外に出たらものすごい人だかりが!
image013.png
この裏にはローマ法王が住んでいて、水曜日は謁見式があるらしく、寺院の外で法王が窓から手を振るのを見るのだそうです。
地元の人、観光客などたくさんの人で凄かったです。
サンピエトロ広場のそばにはバチカン博物館とシスティーナ礼拝堂もあるのですが、そこまではいきませんでした。
システィーナ礼拝堂は、鳴門の大塚国際美術館でまるまる礼拝堂内部が複製されてるのを以前見たので、本物も見てみたかったけど、じっくり見るには相当時間がかかりそう。

さて、この寺院を出たところで広場の床に、なにやら丸い印があるんだけど、そのしるしのところに立つと、たくさん建っている円柱の手前と奥の柱がちょうど重なって見えるポイントだとかで、一人ずつ立ってみたり・・・・。
image016.png

建築の勉強している人にも興味深い建物なんだろうね…。

広場を出てバスが待っている場所に戻る時、馬車がたくさんいて、れこりんは馬車見つけてとっても嬉しそう!
image018.png

バスで次はコロッセオに向かいます。
9:30ヴェネツィア広場などを車窓で見ながらコロッセオに到着。
image020.png

コロッセオは、ヴェスパシアヌス帝が紀元72年に着工した円形競技場です。
収容人数5万人!死刑囚や闘獣士と猛獣との戦いは午前に、剣闘士同士の戦いは午後だったそうで、昔、れこりんとビデオを借りて見た映画「グラディエーター」の舞台になっているところがここだったみたい。

コロッセオの床の大理石は剥がされて、サンピエトロ寺院の建築に使われたそうです。
それから、コロッセオの壁が穴だらけなのは、穴をあけて鉄筋を取り出してこれまた再利用に使われたのだそうで、とってもエコなローマ人。
コロッセオの前にはグラディエーターが!この人たちは、コスプレの人だそうで、観光客と一緒に写真に写るだけで、30〜50ユーロも請求する人もいるとかで、ぼったくりなので相手にしないほうがいいらしい。
image021.png

コロッセオを一通り見て中のお土産屋さんでまた絵葉書買って。
コロッセオの隣にはローマ最大の凱旋門、コンスタンティヌス帝の凱旋門があります。そしてすぐ向こうに見えるのがデカい遺跡のフォロ・ロマーノ。

image022.png
紀元前509年から約500年続いた古代ローマの中心地跡だと。

とにかく、ローマの遺跡や建物はとにかくいちいちでかい!
ぜんぶ写真やガイドブックより迫力があります。
しかも、ローマの街をちょっと歩くとスゴイ歴史的なものがごろごろあります。
通りには、全身銀色の銅像みたいな人が立っていたのですが、最初、本当に作り物かと思ったら、実は人間が観光客用にパフォーマンスをしていたようで、急に動きだしたのでビックリ!
image024.png
この全身シルバー人間が次の移動先にも数人いて、ローマの名物なのかな〜?

11:00そしてまたバスで移動して到着したのが、バロックの巨匠ベルニーニの噴水が飾るナボーナ広場。
広々とした長方形の広場内に3つのバロック彫刻の噴水が並んでいます。
そして似顔絵かきの人達がたくさんいます。
image026.png
お昼近くになって、雲ひとつない素晴らしいお天気で、日差しがとってもまぶしい! 
ここでは唯一サングラスを使用。持ってきて助かった〜!
広場脇のジェラート屋さんがお勧めだとガイドのアンジェラが教えてくれたので、そのジェラート屋に行ってみた。
image028.png
れこりんはまたお店の店員さんに口説かれたみたい。
お店の前で食べていたらそのお店の客引きのオジサンが2人の写真を撮ってくれるというのでカメラを渡したら、私を入れてくれなくてれこりんと2人でツーショット自分撮りしやがりました。
image030.pngれこりんモテモテ。

11:30ナボーナ広場から歩いてパンテオンに行き入場。
パンテオン前では、清掃のお姉さんが鼻歌歌いながらお掃除。
イタリアの人は仕事を楽しみながらやってるんだね。
image032.png

紀元前27年に当時の建築家アグリッパが建造した世界最大の石造り建築とも称されるパンテオンは、建築学上も稀に見る優れた構造をしていると言われてるとか。
三角屋根とそびえたつ円柱の写真のイメージと違い、中はドーム状の屋根で、ぽっかり空いた丸い天窓が印象的。中はがらんとしているけど、「ラファエロの墓」もあります。
image034.png


12:10そして、また徒歩でトレヴィの泉まで移動してここでツアーは終了! 
image036.png

いやぁ〜、さすがトレヴィの泉、観光客の人数が半端ないです。後ろ向きにコインを泉へ投げ入れると願いが叶うという言い伝えがあり、投げるコインの枚数によって願いが異なります。コイン1枚だと再びローマに来ることができ、2枚では大切な人と永遠に一緒にいることができ、3枚になると恋人や夫・妻と別れることができるとか。
とりあえず1枚投げときました。

この場所、どっかで見たことあるなーって思ったら、鉄腕DASHでTOKIOが3000歩でローマにたどり着けるか!?って企画のゴールがトレヴィの泉だったので、この辺の街並みが意外と細い路地が複雑に行き交ってたことを思い出したのでした・・・。
日本テレビ四番町別館の入口脇の小さな噴水もたしかトレビの泉だったなぁ〜ってくだらないことも思いだした。
半日観光はこの場所で終わりなのでここで解散。

お腹すいたのでなんか食べたいな〜ってことで、街をぷらぷら歩きながら食事できるお店を探すことに。地図を見ながらヴェネツィア広場まで歩く。
image038.png

途中、お土産のパスタ屋さん発見! 探していたハートのパスタとマグネット、ラスクなどちょっと買い物。
13:30ヴェネツィア広場のそばで見つけた「Cafe degliangeli」というお店でランチすることに。
image040.png
マルゲリータのピザとサラダ・そして“アクア・コン・ガス”といって炭酸水をお願いしたら、1.5リットルのペットボトルが出てきてビックリ。
image042.png
そして、エビとカニのサラダ、カニカマだった!しかもカニカマがやたら磯の香りがきつくって超マズイ!
ピザも、生地がパサついててイマイチでした。

さて、ツアーに含まれてなかったスペイン階段を見てみようってことで、歩きはじめました。
ヴェネツィア広場からドーリアパンフィーリ美術館手前を右に、ビアデルコルソをまっすぐ、コンドッティ通りを右に行くとスペイン広場に出る・・・と地図を見ながら歩いていったけど、広場の方角が間違っていたのか見えるはずの無いコロッセオが目の前に見えてきたのでまた広場に戻ったりして・・・。
でかい遺跡や建物が目印になるからローマは助かるね!

15:40ちょっと遠回りしたり、コンドッティ通りも一本手前を曲がってしまったりしたんだけど、その通り沿いに無印良品を発見!ふらっと入ってみた。
image052.png
日本語のついた商品たくさんあったけど、日本の無印とは若干商品が違うようです。

16:00いっぱい歩いて、スペイン階段に到着。
image050.png

偶然にも今日からローマ〜ヴェネツィア旅行に来るというケンさん&ともちゃん夫妻に連絡を取ってみる。ちょうど少し前に空港に到着して今、タクシーでホテルに向かって移動中だとか。ともちゃんたちの泊まるホテルはたしかスペイン階段の上の方って言ってたな・・。
私たちは、あ〜っ、つかれた〜って階段に座って一休み。
image048.png

てか、この階段、ものすごい人なんですけど!
さすがローマの休日!世界中の人がココに来て座ってるんだもんねー!
階段の端っこはみんなが自然と通路を空けて、ちゃんと上に登れるようになっています。

なんか、お茶のみたいけど、ガヤガヤしてるバールみたいなのじゃなくて、ちょっと落ち着いたところで優雅にカプチーノとか飲みたいなあ・・・って感じ。
たとえば、飲み物頼むと一緒にチョコレートが出てくるような品のいいお店ないかな〜なんて・・・
そうだ!ホテルのカフェに行こう! 
ちょうどともちゃん&ケンさんのセレブご夫婦が「HOTEL EDEN」にそろそろ到着するから、いきなり訪ねていって驚かそう!
image046.png

「HOTEL EDEN」は、創業110年の世界のVIPご用達、最近ではトム・クルーズがローマを訪れる際必ず宿泊するホテルとして話題を集めている最高級ホテルなのだそうです。

16:20スペイン階段を上がる。ちょうど陽が傾き始めたころで、階段上のトリニタ・ディ・モンティ教会前から見下ろすローマの街並みがキラキラと光っていてとっても綺麗。
image054.png

今日は本当にいいお天気だったからね。しばらく撮影してから、EDENを目指して歩く。
階段上のすぐ脇の5つ星ホテルHASSLER VILLA MEDICIも素敵な感じ。
ローマを代表する格式ある最高級ホテルで、かつてはメディチ家の邸宅だった歴史ある建物だそうです。
16:30「HOTEL EDEN」に着いたらともちゃん達のスーツケースをロビーで発見。
ともちゃん、ケンさんに電話をかけるが、どうも部屋の電波の状態があまり良くないみたいでなかなか繋がらない。
ホテルのフロントの人に頼んでいる時ちょうど電話がかかってきてやっと会えました。
ところが、このホテルはカフェがなさそうなので、スペイン階段の夕日を4人でもう一度見てから、さっき通りがかったHASSLERホテルのカフェに4人で行ってお茶。
image056.png
ここ、めちゃめちゃ素敵なカフェで凄くレトロな雰囲気で感動。
コーヒー頼むとチョコレート、じゃなくてポテトチップスと大きなグリーンオリーブとナッツが出て来て超ゴキゲンになりました!

ケンさんが、19:30にHOTEL EDENの最上階のメインダイニングレストラン「ラ・テラッツァ」を予約してくれたので、それまで少し街をぷらぷら。

image058.png

18:00スペイン階段のすぐ下の通りにあるSermonetaという手袋やさんでバックスキンの皮手袋を選ぶ。
image060.png

ココの店員さんがすごくって、手を見せただけで、あなたのサイズはこれだから、この中から好きなのを選んで!とサイズごとに分かれている手袋の大きな束を見せてくれる。
そして選んだ手袋をつけてみると本当にサイズぴったり!凄いです!カリスマ店員!!

18:30になったので、私たち2人はディナー用の服に着替えるために一旦、庶民のプチホテルに帰る。地下鉄はすぐ来たけど、ホテルに着いたらもうすでに19:00。
着替えて準備してたら19:20になってしまい、ホテルのお兄さんにタクシーを呼んでもらってタクシーでEDENにむかうことに。
そしたらタクシーの運転手のお兄さん、EDENが分からないという…。
どうしよー!イタリア語も英語も出来ないし、EDENの地図なんて持ってきてないし…!って焦りまくっていたら、れこりんがなんだかイタリア語でぺらぺらと説明し始めてシスティーナ通りがどうとかこうとか・・・・。そしたらタクシーの運ちゃんもシスティーナ通りは車は入れないからなんとかかんとかで・・・・。会話してる!

到着間際に同じ通りを2回ほどくるくる回って結局さっきのHASSLERの前でタクシー降りてダッシュで走ってEDENへ。
れこりんは細いヒールに履き替えてたので石畳の坂道、走りにくそう・・・・。 てか汗だく〜!!!
れこりん、この時ヒールの先のゴムが両方取れてしまったみたい。

予定よりちょっと遅れてロビーに着いたら、丁度ともちゃん夫妻も出てきたところで、5Fのリストランテへ。
エレベータに乗る時に、ともちゃんの黒のエナメルのバッグの底になにやらカードのようなものが付いているのを発見。見ると、ともちゃんちの猫ちゃんのアニマル保険の保険証。
4か月ほど前にカードが届いてすぐになくしたーって大騒ぎして、ずっと探していたんだって。
エナメルはくっつくからね〜って!
でも、このイタリアを代表する最高級ホテルで、ハンドバッグにアニマル保険の保険証くっつけている間抜けなセレブにみんなで大爆笑しながら20:00最上階の「ラ・テラッツァ」に到着。

めちゃいい雰囲気です。
ホテル自体が丘の上にあるので、5階なのにローマの街が一望できる素敵なお店。過去に数々の賞を受けたミシュランの1ツ星レストランだそうです。
アラカルトでそれぞれ好きな前菜・パスタ・メインを頼みました。
れこりんたちはフォアグラ、パスタ、魚と海老のナントカJIRO(名前忘れた)。
私はホタテのトリュフソース、パスタ、アヒルの中華ソースに牛肉のステーキがつけあわせ。女子3人は、パスタをポルチーニ茸のゴルゴンゾーラソース。ケンさんはリゾット。
image062.pngimage063.pngimage064.pngimage065.png

めちゃめちゃおいしいけど、量が多すぎてみんなメインを残しちゃった!もったいなーい! ケンさんが、99年のブルネッロのワインを頼んだ頃、朝から観光で疲れ切っていたれこりんと私は目が開けられないくらいに眠くなっていました。
22:20食後、ともちゃんたちのお部屋を見学。
image067.png
スタンダードのツインで予約してたけど、部屋が空いていたらランクアップできるコースを頼んでいたところ、ジュニアスイートになったそうで、めちゃめちゃ広くて豪華なな紅白ストライプのお部屋でしたー。
うちらのペンション風プチホテルと全然違うよ。記念撮影パチパチ。

そしてタクシー呼んでもらって私たちのプチホテルへ。タクシーの中も眠かった〜!

23:10部屋に着いて、またお湯を貰いにフロント行くと、今日も大きめグラスにお湯入れてくれて、お皿に乗せて渡してくれました・・・。
image069.png
お湯欲しい人、結構いると思うんだけど、ここのホテルの人、毎回こうして渡してるのかな?

ここで、れこりんのカメラのキャップがないことに気づく。
きっと、ともちゃんたちのお部屋に忘れたんだわ!と、電話して聞いたけど、なさそう〜(涙)
私は、朝壊れたダイソーのウエストポーチの写真を撮影。
そして、風呂に入る→韓国のシートパック→れこりんは寝る。
私は昼間買った絵葉書を書く。11/3にローマから出しますってみんなに書いておいた。
(2:30までかかって10枚書いたのです!)

Tre Scalini
Piazza Navona, 38, 00186 Roma, イタリア
+39 06 686 1234
ナボーナ広場のジェラート屋
image073.png







Caffe degli angeli
Via del Gesù, 94, 00186 Roma, イタリア
+39 06 9021 7181
ローマ・ヴェネチア広間前のカフェ
image077.png








Hotel Hassler
Viale Trinità dei Monti, 1, 00187 Roma, イタリア
+39 06 67611
‎スペイン階段上のホテルのカフェ
image081.png






La Terrazza dell’Hotel Eden
Via Ludovisi, 49, 00187 Roma, イタリア
+39 06 478121 ‎
ホテルエデン最上階のレストラン
image085.png







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0